So-net無料ブログ作成

【W杯サッカー】日本のグループリーグ突破の可能性 [W杯サッカー日本代表]

抽選会が終わると、毎回のように話題になるのは、

今回の「Battle of Giantsは、どこか?」という話です。

※一般的には「Group of Death」が使われますが、 おもいっきり縁起が悪そうなので、 当サイトでは「Battle of Giants」を採用します。 この「Battle of Giants」は、「Group of Death」が 使われる以前に用いられていた呼び方だそうです。 どちらも強豪と言われるチームが、ひとつのブロックに集まり、 必ず1つ以上の強豪チームがグループリーグ突破できなくなることを意味します。

今回のロシア大会では、そういうチームが出てくるのか?


結論から言えば「Battle of Giantsは、なし。」と思います。

強豪チームから見れば、まんべんなくバラけた格好で、
強豪国の関係国の皆さんは、ほっとしていると思われますが・・。

一方で、その下にランクする国にとっては、
うむーと唸ってしまう所もありそうです。


一番大変そうなところは、グループBのモロッコやイラン。
グループEのコスタリカ・セルビアも大変そう。

どちらも2チームの強豪国が揃う組み合わせです。


さて、それでは、われら日本は、どうでしょう?。


意外に悪くはないのでは?というのが印象です。

とにかく最近のW杯の出場回数では、
日本が4チームの中でトップという状況で、
まずは、ブラジルやドイツといった古くからの常連強豪国と
同じ組になっていないことは、朗報です。

ポーランド3大会ぶり8回目7位
セネガル4大会ぶり2回目23位
コロンビア2大会連続6回目13位
日本6大会連続6回目55位


一般的には、
下位とみなされるチームがグループリーグを突破するには、
2つの方法があります。

1つは、真正面からぶつかって勝ってしまう方法。
正々堂々としていて、カッコは良いですが、
あまり起こることはありません。


それでは、もう一つの方法ですが・・。

3つどもえに持っていく方法です。

1位チーム 3-0
2位チーム 2-1
3位チーム 1-2
4位チーム 0-3

このパターンは、典型的な勝敗パターンですが、
なんとかして

1位チーム 3-0
2位チーム 1-2
3位チーム 1-2
4位チーム 1-2

の形に持ち込めれば、下位のチームでも
グループリーグ突破が見えてきます。

※この場合、得失点差で順位が決まります。


ランキング的には、セネガルがコロンビアを食って、
日本がセネガルを食うと、この形になる可能性が高くなります。

コロンビアとセネガル間のランキング差が10しかないので、
可能性としては、大ありです。

そうなると、
日本がセネガルを食えるかどうか?ということになってきます。


現在のランキングでは、セネガルは、23位となっています。
このランキングだと、かつて日本もたどり着いたことのある順位です。

希望は、十分持てるのではないでしょうか。


ファイト~~  にっぽん!。







nice!(77) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 77